競馬 ノスタルジーな馬券予想 【独自の蘭理論】

競馬予想 独自の理論 で馬券予想をして、当てる事を最優先

中山牝馬ステークス 阪神スプリングジャンプ【考察】

中山牝馬ステークス 【考察】 “荒れない事がない“

 

このレースは、毎年買うんですが毎年荒れるので当たった試しが無いんです。

荒れるんですよー、どしたっていうくらい。

だけど今年はこの馬が出てきました。

 

コントラチェック

オークス出走時には買わせて頂きましたが、見事に裏切られました、笑。

距離が長かったのと、東京は苦手なのかな、っていうか 中山の鬼 です。

斤量55キロでどうかってとこはありますが、

藤沢和調教師が、

「もともと時計の出る馬ではありますが、動き自体も良かったですよ。今回は相手も強くなるけど、中山コース向きなので頑張ってくれると思ってます」

好感触のコメントを出されてます。

コントラチェックのあの淀みない逃げ足というか、走り方が好きですねぇ。

 

以前にミホノブルボンという馬がやはり逃げ馬で、皐月賞、ダービーを圧巻の逃げで勝ったんですが、コントラチェックを見るたびに大ファンだったミホノブルボンの事を思い出します。

 

小島貞騎手が乗ってまして、

振り向くな、貞やん!  なんて言われてました。ナツカシ〜。

 

だから、コントラチェック買いたいんですが、今まで当たった事がないレースなので、買ってハズレてまたノスタルジ〜な気分になるのが目に見えてますからねぇ。

相手探しは手広くってとこですかね。

 

 

阪神スプリングジャンプ【考察】“9歳ですが“

 

オジュウチョウサン

9歳てすよ。凄いというか、過去に9歳で障害レースを勝った馬がいるのだろうか。

これは、是非レースを観たいですね。

勝てば凄い事ですが、勝たなくてもその走りを観たいっていう気分です。

競馬界の三浦カズ(ファンです)ですねー、まさに。

 

以上、ノスタルジー競馬予想の でした。

じゃ、また。