競馬 ノスタルジーな馬券予想 【独自の蘭理論】

競馬予想 独自の理論 で馬券予想をして、当てる事を最優先

チューリップ賞 弥生賞 【結果】

チューリップ賞  【結果】 “ノスタルジ〜“

マルターズディオサが見事な勝利てした。

買い目に一点も入れてなくて、大変失礼致しました。

というか、ウーマンズハートにとらわれすぎて、決めつけてましたから、どっちにしてもハズレてましたね。

クラバシュドール、惜しくも2着でしたが、ハーツクライ産駒の成長力で桜花賞では人気になりそうです。

レシステンシア、逃げバテしましたね。どうしてもマークされて目標にされるので、G2以上のレースでは苦しいと思います。

 

それにしても、ウーマンズハート、見せ場なく敗れてしまったんですが、これからもひつこく追いかけようと思いますよ。

ちょっと意地になってますけど、笑。

 

弥生賞 【結果】 的中 ちょい勝ち

期待通り、素直な、堅い結果になりましたね。

3着にオーソリティ以外の馬が来て欲しかったですねー。

サトノフラッグは、高額買い付け馬なので、陣営もとりあえずはほっとしたでしょうね。

 

皐月賞で人気しそうですが、弥生賞勝利馬は皐月賞ではあまりいい結果を出せないという、競馬界の定説がありますが、どうでしょう。

 

ワーケアも強いですね。距離が延びた方がいいと思うので、ダービーで頑張るんじゃないですかね。

 

さて、来週は金鯱賞に横綱候補のサートゥルナーリアが始動する様ですね。

 

以上、ノスタルジー競馬の でした。

じゃ、また。