競馬 ノスタルジーな馬券予想 【独自の蘭理論】

競馬予想 独自の理論 で馬券予想をして、当てる事を最優先

シンザン記念G3 考察と金杯の反省

ノスタルジー競馬予想の、です。

正月ぼけほぼ回復したのでブログ再開しようと思います。

 

金杯スッキリするほどの大ハズレでした笑。

このレースは的中した記憶がほとんどないので、どれくらい当たってないか調べてみました。

ありました、思い出した。エルカーサリバー懐かしい〜っ

1993年に的中したのが最初で最後の当たりで、中山、京都とも買えども買えども当たらないですねぇ。

どうなってんねん?! って感じっす。

正月早々だし、ハンデ戦だしで、どの馬が来てもおかしくない感じですから。

 

て事で、金杯の反省はおしまい。

 

シンザン記念が今週ありますね。

将来の名馬が、このレースを勝っていくと言われてます。

ですが、毎年の様にその様な名馬が勝ってるわけじゃないですから。

そのあたりは惑わされない様に、気をつけないといけませんね。

だから、名馬になりそうな馬を探しがちで、血統を気にしすぎたり、ここまでの成績が悪い馬を簡単に切り捨ててしまうと、このレースは当たらないと思います。

 

というのも、堅く収まるイメージがあまりないですよ。

人気薄が平気で飛び込んでくる様な事がよくあるイメージですね。

だいたい1月のレースは、難解なレースが多い時期だと思います。

で、2月.3月になると明け3歳馬はトライアルレースが始まって、古馬の主力級が始動したりして、なんていうんですか予想の取っ掛かりがあるって感じですねえ。

 

は、牝馬とか実績よりも調子のいい馬を買えとか言いますけど、って何かぼやっとしたイメージしかないのでどーも苦手です。

 

で、登録馬を見てみると牝馬が何頭かいます。

牡馬混合のレースにあえて出てこようとするって事は、何か意味があるのかなと考えてみます。

シンザン記念を勝つと、将来名馬になるという伝説に乗っかりたいのか、ローテーションが丁度いいのか、他に理由があるのか、、。

 

オーマイダーリン

サンクテュエール

ルーツドール

この3頭は色気たっぷりじゃないでしょうか。

戦歴が浅いのでどれがどうとかは、比べようがないですが、藤沢和厩舎のサンクテュエールは特に気になりますね。

 

最近は馬の世界も女性が、牝馬が強いので

(気持ちがノスタルジ〜になってきました)

先に牝馬に目がいってしまいますが、

いました。期待の牡馬男、漢

 

タガノビューティー

朝日杯で期待して買ったら、惜しすぎる4着

直線でサリオス他に追い越されはしましたが、いい走りをしてたと思うんです。

 

決めましたよ。今ブログ書きながら。

男馬を応援する事を。

だから、タガノビューティーからいきます。

よっしゃあ

 

人間界の女性も強くなって久しいですが、馬界は、 せっ、せめて、頑張ろうよ。

 

シンザン記念の予想は、ほぼ終わったって感じですかねー。

 

今週は、11から13日の3日間開催なので、他に良さげなレースがないか、探して見ようと思いますよ。

 

以上、弱いものの味方、 でした。

じゃ、また。